ブライダルリングのマテリアル(素材)について。愛知の三河(豊田、岡崎、豊橋)LOVEST~ラヴェスト~のブログ(Facebook,アメブロなどからも配信中)

名鉄豊田駅から徒歩1分

Facebook

>アクセス・駐車場について

ブログ

 

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤaglobe130216cmyk03

 

 

〇婚約指輪・結婚指輪のマテリアル(素材)について

 

プラチナ『Pt950とPt900』

 

Ptとはプラチナの略で後ろの数字はプラチナの含有量を示します。

 

Pt950の場合、プラチナ95%と5%その他の金属が含まれることを表しています。ですのでPt900の場合、プラチナ90%と10%その他の金属が含まれています。

 

1つの金属だけで指輪を作ると強度が下がってしまい、ジュエリーに適さない為にその他の金属を混ぜることによって強度を上げています。

 

プラチナは元々が白い貴金属で、変色したり腐食したりすることがありません。

 

他の貴金属に比べて希少性が高く純度も高いことや永遠に白く輝くことから「永遠の愛の象徴」ともいわれ一生に一度のマリッジリングにふさわしいマテリアルとなっています。

 

また、貴金属の中で1番、宝石本来の輝きを引き立たせてくれるのがプラチナです。

 
ゴールド『K18とK10』

 

K18とK10の違いはゴールドが含まれる量の違いになります。

 

K18とは18金のことでゴールドが75%と25%その他の金属が含まれています。

 

K10は10金のことでゴールドが42%と58%その他の金属が含まれています。

 

 

ゴールドもプラチナと同様に柔らかい貴金属なので他の金属で強度を補っています。
またその他の混ぜる金属や量を変えたりすることでYG(イエローゴールド)やPG(ピンクゴールド)などに色味を変えていきます。

 

 

ゴールドは日本人の肌に馴染みやすい金属と言われていてその中でも特にPGが一番馴染むと言われています。

 

指輪の繊細なデザインをゴールドが引き立てたり、アンティーク調のデザインをプラチナとはまた違う雰囲気として楽しんでいただくことができます。

 

 

【K18のメリット】

 

・金の含有量が高く価値が高いです
・ゴールドの色味が強いので温かみのある色になります
・K18の方が変色しにくくなっています
・K10に比べて長く愛用していただけます
・アレルギーを起こしにくい

 

 

【K10のメリット】

 

・K18よりも変形に強い(K18もシルバーやプラチナに比べると、かなり硬いです)
・ゴールドの色味が薄く淡い色味になります
・硬いのでキズが目立ちにくくなります
色味についてはお客様のお好みになりますのでどちらが良いということはなく、

アレルギーの心配さえなければK10も全く悪いものではありません。

 

 

▼ゴールドの色味について

 

YG(イエローゴールド)

一番ゴージャスな色味になっています。

シンプルなジュエリーでもワンポイントとして華やかさを演出してくれます。

 

PG(ピンクゴールド)

少し個性的なデザインでもPGの色味にすることで柔らかいイメージと

女性らしい雰囲気に仕上がります。

 

WG(ホワイトゴールド)

一般的なWGにはメッキが施してありますが、そうでないWGは肌なじみがよく

温かみのある色味なので指輪を付けなれていない男性にお勧めです。

 

ChG(シャンパンゴールド)

YGよりも少し淡い色合いになっていてどんなデザインでも落ち着いた

エレガントな雰囲気のリングに仕上がります。

 

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤHoney

 

 

実際に結婚指輪をつけ始めるのは入籍日なのか挙式日なのか?

 

入籍日と挙式日の間に日数がかなり開いてしまう場合、指輪をいつ付けるべきなのか悩まれるお客様は多数いらっしゃいます。

 

 

指輪を付ける時期に正確な決まりはないのですが、やはり傷がつくのが嫌だから挙式で交換してからつけたいというお客様もいらっしゃると思います。

 

しかし、指のむくみやサイズ感はどうしても普段からつけてるお客様自身にしか分からないこともあります。

 

特にむくみに関しては個人差が激しく季節や時間帯などでどれほどむくむかは体質の問題なので難しい部分にもなり、指輪を購入したときはぴったりのサイズでもいざ挙式当日にむくんでしまって入らないとなるとせっかくの特別な日が残念に終わってしまいます。

 

ですので、できれば挙式より3カ月前など少し早めに結婚指輪をご購入していただき、きちんとご自身のサイズを把握して万全の状態で挙式を迎えていただくのが理想的にです。

 

特にむくむこともなく、お直しをしない場合は大丈夫ですがもしもサイズがきつかったり緩かった場合など指輪のサイズ直しにかかる期間は約2週間~1カ月とブランドや指輪によって変わってきます。

 

また、指輪の表面の傷に関しては当店のみのサービスとしていつでも無料で指輪のクリーニングを行っております。

 

ぶつけてしまったなど深い傷はお取りする事が出来ませんが、細かい傷ならお店で綺麗にすることが可能です。

 

 

ただ、決まりはないので最終的にはお二人の納得していただけるタイミングで全く問題はありません。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ PR_1

 

 

一生に一度の結婚指輪なので、スタッフもお客様にきちんと満足していただける指輪の提案を心がけておりますが万が一にも指輪をご購入される際に後悔しないためのポイントをいくつかご紹介します。

 

 

▼予算があまりなく好みのデザインではないけれど妥協して指輪を購入した

 

当店では低い予算のお客様にもきちんと満足していただけるようにお客様のお好みにあわせてたくさんのブランドの中からご提案させて頂くことが可能です。

 

例えば、素材をプラチナからパラジウムという別の素材に変えていただくだけで10万円する指輪を同じデザインで6万円ほどの価格でご購入して頂くことも可能です。

 

ブランドによってデザインのコンセプトが違いますのでご予算が理由で妥協することなくお選びして頂けます。

 

 

 

▼年を重ねるにつれて指輪のデザインに飽きてしまった

 

毎日身に着けるものだからこそ本当に気に入っていただけた指輪は愛着が沸き、見慣れた指輪でも飽きてしまうことはなくなります。

 

しかし、お相手の方が疲れてしまい早く決めなければいけなかった、どれを見てもよくわからなかった、決めるのに時間がかかり急いで決めてしまったなど、ご自身にとって1番の指輪を選べなくなってしまうことがあります。

 

そうならない為に例えば、どんな指輪があるのか下見をしていただくと何日かかけてゆっくりとデザインを選ぶことができます。

 

その際に、お相手の方の好みなどを聞いてあるとより具体的な指輪選びをして頂くことができます。

 

1人で行くのは不安というお客様でも当店は丁寧に接客させて頂きますのでご安心ください。

 

また、それぞれのブランドのカタログもご用意しておりますので後日気になったブランドのカタログを見ながらお相手の方とご相談することも可能になります。

 

時間をかけて選んでいただくことで一生飽きが来ることのない結婚指輪選びをして頂くことができるはずです。

 

 

 

▼普段使いを考えてデザインを妥協した

 

ダイアモンドがたくさんついているデザインだと石が取れてしまうのではないか、冠婚葬祭の時に華やかすぎるのでは、家事をする時に邪魔になりそう、周りの目が気になってしまう、など指輪一つでもたくさんの不安があるのは当然のことです。

 

けれども毎日身に着ける結婚指輪だからこそ、自分の一番好きなデザインをお選びして頂くことで長年愛用して頂ける指輪になるのです。

 

結婚指輪についているダイアモンドは、乱暴な扱いさえしなければよっぽどのことがない限り石が取れる心配はありませんし、むしろダイアモンドがたくさんついていると指輪の表面に傷がつきにくいというメリットもあります。

 

また家事をする際には疲れた時にこそキラキラと輝く薬指の指輪を見て癒されたりなど結婚指輪にはたくさん良いところがあります。

 

さらに、冠婚葬祭で気になる時には、デザインが一周ないリングの場合は必要な時だけ表と裏をひっくり返して頂くとシンプルなデザインのリングにもなります。

 

 

 

 

▼お相手の方と好みが合わず、デザインを譲ってしまった

 

当店ではほとんどの指輪がセミオーダー式の指輪になっており、お客様にデザインや形、色、指輪の幅などお選びして頂くことができますのでお二人のお好みに一番近い指輪のご提案をできるように心がけております。

 

色々なアレンジやアイデアで指輪をご提案しますのでお二人にぴったりの指輪探しをお手伝いさせていただきます。

 

 

お二人にぴったりの「運命のリング」探しをスタッフは全力でサポートさせて頂きます!

 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ bouquettoss

 

婚約指輪(エンゲージリング)とは、

男性からお相手の方へ婚約の証としてプレゼントされるものを婚約指輪、

 

 

結婚指輪(マリッジリング)とは、

お二人の誓いの証としてお互いで交換し合うペアリングを結婚指輪と呼んでいます。

 

 

婚約指輪は普段の生活で身に着けるというよりは旅行や結婚式に参加する時など特別な時に指につける機会が多いのですが、結婚指輪は日常的に身に着け続ける指輪になります。

 

婚約指輪・結婚指輪ともにダイアモンドが贈られることが多いですが、由来はダイアモンドが物質の中で一番硬い鉱物ということから生涯、変わることのない「輝き」「永遠の愛」の象徴として“いつまでもずっと幸せな日々を送れるように”と想いを込めてダイアモンドを送る習慣が定着しました。

 

表面に石がついているデザインがお好みでないお客様は、指輪の内側に石をいれられる指輪もございますので店頭にて是非一度ご覧になってください。

1 / 11

BRANDLIST